クレジットカードのポイントをマイルへ交換

カードのポイント、貯めてますか?そのカード、ポイントが貯まっていませんか?

クレジットカードのポイント、マネーカードのポイント、様々なカードを使うことで貯まるポイント。
他企業と提携して、ポイントを別のプログラムに移行して合算する、というサービスも増えてきましたね。
その中でも、「クレジットカードのポイントをマイルに交換する」というプログラムは、大変お得だといわれています。

シンプルなマイレージの貯め方は、直接飛行機に乗った時に券を機械に通して付加する、というものがあります。
また、全日空ならANAカード、日本航空ならJALカードと、それぞれの会社がクレジットカード会社と提携しているカードを使うことでも付与されます。
その他には、各クレジットカード会社で付与しているポイントを、各航空会社のマイルと交換できるという「マイレージ移行」プログラムで貯める方法があります。

とはいっても、このポイントの移行には、「移行レート」というものがあります。
飛行機は原油を用いて飛ぶわけですから、燃料費が高騰すれば、その影響を受けて移行レートも変動するのです。
現に2008年に起こった原油高で単価も引き上げになり、今まではカードを1000円使って、手数料を僅かに払い10マイル貯まっていたのが、手数料は無料になるけど3マイルしか貯まらない…というようになってしまいました。

しかし、この移行レート自体はANA系かJAL系かで異なっています。
今のところ、JAL系の方は移行レートを変更しているカードが少ないので、お得かもしれませんね。

他のカードでは、例えば「ダイナーズクラブ」というクレジットカードがあります。
ダイナースクラブカードは、10,000円の利用で1ポイントの付与になります

ダイナーズクラブには「ダイナースグローバルマイレージ」というプログラムがあります。
このマイレージ移行システムを利用するには、年間参加料として6,300円が必要になりますが、
こちらを利用すると、1ポイント=100マイルのマイレージと交換する事が出来るのです。
10000円=100マイルですから、単純計算だと、1マイルあたり1%の還元率になります。

ですが、ポイントを商品券等に交換するとなると120ポイントで5,000円分にしかなりません。
120万円使って5,000円の商品…つまり還元率は0.42%です。
この場合、還元率はあまり高いとは言えませんが、マイル交換と比べると2倍以上も差があるのです。
こうして考えると、マイルでポイントを貯めるのが一番還元率が高いという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

またダイナーズクラブでは、国内外を含め提携している航空会社は7つもあり、どの航空会社のマイルに交換したいか選択の幅も広いという点では、さらにお得感もありますね。

近年ではスーパーの支払いもカードで決済できたり、電気やガスなどの生活に関わる分野もカード決済にするが可能になってきました。
普段の生活の中でカードを使う事が多い人には、それを差し引いても魅力的な還元率かもしれません。
使うお金を出来るだけマイルに還元すれば、とても効率の良い貯め方になるでしょう。

自分のよく利用する機関がどのカード会社に対応しているのか、またその会社のポイントプログラムがどうなっているのか。
また利用する航空ルートなど、こうした内容をよく理解した上で、私たちユーザーも自分に合ったカードを選ぶ必要性があるでしょう。

社員証の印刷
オリジナル会員証、診察券、会員カードなどの印刷。
バズ・プランニング プラスチックカード印刷サービスの専門店。
http://www.buzzcard.jp/